本文へスキップ

電話でのお問い合わせは072-882-6258

〒571-0079 大阪府門真市野里町31-15

トピックスitiran

「トラックでコロナを運んでくるな!」 運転手に浴びせられる差別的言動(2020/05/04)

「『こういう奴らがコロナを運んでくる。ちょっとは自粛しろ!』と通行人に大きな声で言われた」。4月10日、長距離トラックドライバーの男性がSNSの「ツイッター」に投稿した声だ。投稿は瞬く間に多くのツイッターユーザーの間で共有され、共感した投稿につけられる「いいね」の数は約30万件。3000件を超えるコメントが寄せられた。

男性は4月10日の時点で、新型コロナウイルスの感染者が確認されていない地域に荷物を届けていた。突然の暴言に驚きと悲しさを覚えるも、「申し訳ございません」と謝罪するしかなかったという。
投稿に対して他のドライバーからは、「他県へ輸送に行ったとき、お前の県は感染者が多いから来るなと怒鳴られた」、「コロナをまき散らすな!と舌打ちされた」、「マンションの前で停車したら『早く帰れ』と言われた」といったコメントが多く寄せられた。
都内で通販の商品などを運ぶドライバーは、配達に行った際に玄関先でアルコールスプレーを吹きかけられた。「アルコールが目に入ってしみて、とても痛かった。びっくりしたしショックだった。その後、特に謝られることもなかった」と訴える。
 このように、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、トラックドライバーへの「暴言・差別行為・嫌がらせ」が相次いでいる。
 愛媛県新居浜市の小学校では、感染拡大地域との往来があるトラックドライバーの子どもが、健康状態に問題がないにも関わらず自宅待機を求められ、入学式や始業式を欠席していた。
赤羽一嘉国土交通相は「極めて不適切だ」とし、文科省に同様の事案が起きないよう申し入れた。文部科学省は4月16日、感染リスクのある仕事に従事する人らへの差別や偏見の防止徹底を求めるよう、都道府県教育委員会などに通知を出した。